×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

村山虚空蔵院 大鳥居
村山虚空蔵院 大鐘楼
 

   東沢公園鷹返山山頂に鎮座している、村山虚空蔵菩薩奥の院は、

昭和32年辛丑会員によって建立されたものです。

その後昭和36年に至り、辛丑会の発起により各志の浄財を得て

鷹返山中腹に拝殿を建立したものです。

そののち、村山虚空蔵院奉賛会が中心となって昭和47年に大鐘楼を、

さらに昭和55年には朱の大鳥居を建立しました。


   虚空蔵菩薩は大空の様に無量であることから虚空と名づけられ、

智慧と福徳を授ける佛にして、

特に丑寅生まれの人は一代守り本尊として信仰しています。


   拝殿は、大鳥居より徒歩で約15分、大鐘楼台からは、

村山平野を背景に東沢公園全景と、

葉山、朝日連峰の遠望等は県内随一の雄大な眺めです。

  毎年5月13日には村山虚空蔵菩薩御縁日例大祭が

盛大にとり行われています。

又毎月13日は、縁日で諸願成就の法要を

行っておりますので御参拝下さい。


 
奥の院からの眺望 葉山、朝日連峰方面 
拝殿からの眺望 東沢ため池と村山盆地北部
   

 

[御案内]  [由来]  [沿革]  [行事]  [活動]  [奉賛会]  [代理参拝]

ホームへ戻る