×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

本尊


   文明13年(1481年)辛丑の年、当時の楯岡城主が虚空を庫蔵とするといい、

即ち、虚空が山川草木、鳥獣虫魚あらゆる物を蔵して居るように、あらゆる物に

存在を全からしめ、和光や慈雨を注いで、人々を幸福にして下さる虚空蔵菩薩を

鷹返山の山頂に安置、領民の福壽海無量を祈願したものと伝えられております。


 これを昭和32年辛丑会会員により再建、更に昭和36年辛丑会会員が発願し、

広く信者に浄財を募り、村山盆地の全景と葉山、朝日の連峰を一望の鷹返山

中腹に白鷹虚空蔵尊と正対して拝殿を建立、知恵と福徳を授ける菩薩として、

また丑寅生まれの守り本尊として信仰を集めております。


 
村山虚空蔵院 奥の院
奥の院 石の賽銭箱
 

 

[御案内]  [由来]  [沿革]  [行事]  [活動]  [奉賛会]  [代理参拝]

ホームへ戻る